振袖レンタル・袴レンタルなら夢きらら。

  • お問い合わせ
  • 来店予約

成人式までの流れ

振袖選びから成人式当日までの
流れをご紹介します。

【2年前〜】情報の収集

お母さんの振袖を着る予定ならば準備期間に多少の余裕ができますが、購入やレンタルを考えているならば、振袖選びは早めに始めるのがベストです。1年半前からネットや雑誌などで情報を集め出しても、早すぎるということはありません。
お店から送られてくるパンフレットを参考にしたり、振袖の展示会に足を運ぶのもよいでしょう。

【1年半前〜1年前】振袖を選ぶ

成人式は一生に一度の大イベント。その特別な日に着る振袖を選ぶのは、やはり時間がかかります。
成人式から遅くても1年を切ったら、振袖をレンタルするか購入するか決断しましょう。
購入するのであれば、専門店などで試着をする必要がありますし、レンタルの場合でも、早めに予約すれば、お気に入りの振袖を確保しておくことができます。
あともう一つ大切な事は成人式当日の着付時間です。
ほとんどのお店が成約順に予約時間を決めていくので後半になればなるほど、着付開始時間が朝の3時4時など成人式当日のお嬢様の体力的ご負担や付き添う親御様のご苦労も多くなります。

【8ヶ月前〜】前撮り

お店によっては、成人式当日のヘアメイクと着付けのプランに前撮りの料金も含まれているケースがあるので、早めに確認しておきましょう。
振袖をレンタルする場合は、お店から前撮りをおこなう写真館の場所と日付を設定されることがあります。振袖専門店などお店によってはそのお店で前撮りまでできることもあるので、こちらも確認しましょう。

【4ヶ月前〜】美容院の予約

成人式当日、美容院は予約でいっぱいになり、大混雑が予想されます。
希望の時間帯にヘアメイクと着付けをしてもらうためにも、振袖の準備ができたら、なるべく早く美容室を選んで予約を入れておきましょう。

行きつけの美容室があるなら、前もって相談しておくと安心です。
振袖専門店などでは当日のヘアメイクと着付けまでを一貫してお世話してくれるケースも多いので、確認しましょう。

【成人式の前日】前日の準備

成人式当日は予約がいっぱいで、朝からバタバタしてしまいがちです。
前日は、当日の持ち物を最終確認しましょう。
入浴も前日までに必ず済ませ、当日着付けするまでに着ていく服も決めておくと安心です。

当日あると安心なもの・化粧直し道具・大きめのハンカチ(食事の時に膝にかけます)・小さめのタオル(帯が緩んだ時に挟みます)・ティッシュ・Uピン(ヘアのお直しに使います)・着物用クリップ(お手洗いの時に便利です)

【成人式当日の朝】ヘアメイ&着付け

当日は美容院が大混雑するので、予約時間に遅れないようにしましょう。
髪の毛にスタイリング剤は使わず、ノーメイクで、着付けがしやすい前開きの服を着ていきましょう。

会場への移動について

ヘアメイクと着付けが済んだら、いよいよ式場へ移動です。混雑したバスや電車で移動すると、着物が着崩れてしまうので、自家用車やタクシーでの移動がおすすめです。
座席には浅く腰掛けて、帯結が崩れないように十分注意しましょう。

【成人式】式典スタート

式典中、振袖が美しく見えるように立ち居振舞いを少し気にすると、気持よく過ごせるはずです。
着席する場合、袖は膝の上に重ねておきます。

【成人式終了】フリータイム・食事会

式典が終わると、懇親会があります。
友人と振袖を見せ合ったりして、すてきな成人式を過ごしてください。 食事会では、食べ物で着物を汚さないように気をつけましょう。

【成人式以降】アフターケア

お食事や慣れない着物姿で大切なお着物を汚してしまった場合、すぐに専門店に相談しましょう。
レンタルの場合は借りたお店に相談しましょう。
またレンタルの場合返却方法・返却期間などもお店に確認しておきましょう。

カタログ請求・来店予約・お問い合わせ